2016年01月08日

ゆるりにゅーす


--------------
煙草の火を消した。
きゅっと背筋を伸ばし上着のジッパーを閉める。
今日は遊びじゃない。

店を出て一分しないで着く。

僕を見つめる彼女の目が優しく笑う。

3600円か。
「じゃ、400円足して4000円で初夢を」

寂しげに彼女は答える。
「ごめんなさい。売り切れなの」



何てことだ。
年末ジャンボは3600円しかならず、そして初夢くじは買えないなんて。

げに儚きは富くじなり…
posted by ますった at 15:58| 日記